学習院大学(東京都豊島区)体育館

■導入概要
○体育館の大きさ
 床面積:約1,600㎡(45mx36m)
 天井高:10m
○設置機種・台数
 ぐっぴーバズーカシングル 14台
 能力:冷房 229.6kW、暖房 254.8kW

設置写真

スポットバズーカ
1,2,3,12,13,14号機(ぐっぴーバズーカシングルタイプ)

スポットバズーカ
6,7,8,9号機(ぐっぴーバズーカシングルタイプ)
スポットバズーカ
12,13,14号機(ぐっぴーバズーカシングルタイプ)
スポットバズーカ
4号機(ぐっぴーバズーカシングルタイプ)

室内機の風量を計測してみました。

スポットバズーカ測定
12号機 冷房運転してみました。
スポットバズーカ測定

10メートル先:1.8m/s
スポットバズーカ測定

20メートル先:0.8m/s
スポットバズーカ測定

40メートル先:0.6m/s

お客様の声

○導入の経緯と選定理由
当初、本大学では体育館に冷房設備を設置しない方針でしたが、
教員や学生からは強い要望があり、2018年夏の猛暑をきっかけに導入を検討する運びとなりました。 。
前年に学習院中高等科体育館に導入し好評だったため、大学でも同じ機種であるぐっぴーバズーカを設置することとなりました。
○ぐっぴーバズーカのメリット・魅力
<低コスト>
過去に大学体育館の空調設備の導入検討を行い、高額な費用がネックとなっていましたが、バズーカの場合は3分の1程度に抑えられることができました。

<短工期>
バズーカは吹き出し風の到達距離・範囲が広いため少ない台数で済むのに対し、一般の空調機の場合は台数を多く設置する必要があり、その結果工期も長くなります。
○実績評価について
前年導入した中高等科の体育館※では、気温34.6℃の猛暑日に1時間弱の運転により室温が34.6℃から27.5℃まで下がることを確認し、熱中症対策として十分な効果であると確認できました。実際に生徒の皆さんも涼しくなったと喜んでおり、体育の授業はもちろんのこと部活動でも利用してきました。懸念していた球技への吹き出し風の影響もありませんでした。

※床面積 1,045㎡、バズーカ設置数 8台