文京区本駒込 文京学院大学女子中学校高等学校様[体育館]

学校紹介

1924年(大正13年)に設立された文京学院。前年に発生した関東大震災による傷が癒えない時期に、初代学園長 島田 依史子 先生が、本郷追分の地に「女性の自立」のための学校を開きました。以来、93年にわたり、校訓である「誠実・勤勉・仁愛」と、教育理念である「自立と共生」を継承。運針、ペン習字、朝のことばなどの「伝統教育」は、その創立精神と伝統を脈々と受け継ぐ教育活動として、卒業生からも強く支持されています。

体育館へのスポットバズーカ導入の経緯

全部で3ヶ所ある体育館のうち冷房設備が未導入であった進学棟大体育館。かつて冷房設備の導入を検討したこともありましたがあまりにも高額な費用がかかるため、導入計画は保留となっていたところ、スポットバズーカの存在を知り導入を検討する運びとなりました。スポットバズーカの場合従来の設備費用に比べて5分の1以下の費用で導入できることが判り導入を決定しました。

 

 

 

お客様の声

導入前、夏は体育館内の気温が30度以上にもなり、暑さに耐えながらの授業や部活動でしたが、導入後はとても涼しくなり快適になりました。また、本体育館は地下に設置されているので湿度が高めでしたが、温度だけでなく湿度も下がるため、それも涼しさの体感を高めているようです。

本設備の特長

  • なぜ小容量設備にもかかわらず効果があるのか
    ユニットからの吹き出し風が遠くまで届く(カタログ値では最大52m)ので、遠くまで熱(冷熱、温熱)を届けられるとともに循環能力も高まるため、全体的な冷房/暖房が可能になる。
  • ボール対策
    主力競技のひとつであるバレーボールの練習が行われるため、強力なネットを張り損壊を防ぐことができるようになっている。
  • 風の影響について
    新体操などの練習の際の風の影響を防ぐため、風量ボリュームコントローラーを使用し当該競技の練習中は風量を抑えている。
  • メンテナンス
    室内機背面の吸込み面にフィルターを取り付けており、これを適宜清掃する程度。(機器そのものは通常のエアコンと同じくメンテフリー)
お客様情報
  1. <体育館概要>
  2. 面積:720㎡(幅24mx長さ30m)
    高さ:8.8m
    構造:全地下埋設 1面のみドライエリアに面する
  3. <導入設備の概要>
  4. ぐっぴーバズーカシングルタイプ 4台
    能力:最大7馬力(4台で28馬力)
    外寸・重量:[室内機]高さ920x幅950x奥行330mm、52kg、[室外機]高さ1350x幅950x奥行330mm、90kg