学校向けソリューション

  • HOME »
  • 学校向けソリューション

今の学校ってどんな状態

文部科学省の学校に対する環境衛生基準が28度以下を推奨しているのに対し、東京都内の学校で夏季日中平均気温が30度を越えているという観測結果もでているほど、今の学校は暑いと言われています。暑いと集中力が低下して学力の低下につながると共に、向上心の低下にもつながります。

また、家庭における冷房普及率の向上や、電車やバスなど社会環境における冷房の普及率を考えると、冷房がある環境が当たり前になってきているため、学校に対する冷房導入の要求も高まってきています。

そこで、各地域の教育委員会や学校では冷房によって学習環境の改善を図り、学習効果を高めようと言う動きが広がってきています。

 

学校にふさわしい冷房とは

それでは、学校にふさわしい冷房とはどんなものなのでしょうか。家庭用冷房との大きな違いは、対象範囲が広く、対象人数も多いと言うことです。そのため規模が大きな冷房を導入する必要があります。規模が大きくなると費用が高くなり、環境に与える影響も大きくなります。

そこで当社では学校ならではの特性を考慮し、すぐれた経済性と環境性をもった、各学校に最適なシステムをご提案します。
 

リースを活用したエアコンの導入

リース(賃貸借契約)を活用して学校にエアコンを導入されるケースが増えてきています。特に自治体さま内の全校にエアコンを導入するには莫大な費用がかかります。リースを活用することにより単年度の費用を抑え、全校一括で導入する事も可能になります。

リース方式のメリット

  • 単年度に全て設置することが出来るため、施設間の設備格差(児童・生徒の不公平感)がなくなります。
  • 単年度の費用を抑え、また毎年度の費用を明確にすることができます。
  • ボリュームディスカウント(一括発注)効果が期待できます。
  • 維持管理契約の締結により機器の維持管理の煩わしさから開放されます。

 

PTAのみなさんでエアコンを導入しましょう

ここ数年、公立高校ではPTAの負担でエアコンを導入しようという考え方が広がってきています。通常の導入方法だと一時的におおきな費用負担が発生するのに対し、PTA負担では受益者それぞれの小さな負担でエアコンを導入できるようになります。契約年数を長くすることで、導入時の在校生の受益者だけでなく、将来の在校生を含む全ての受益者が均等に費用を負担できるようになります。

school01

地域・環境・規模に応じたエアコンの導入をご提案いたします。

 

 


お電話のお問合せはこちら TEL 03-5777-1345

PAGETOP
Copyright © 株式会社イーズ All Rights Reserved.